読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GOSSIP’sblog

気になるネタをきままに記事にするブログ

【要注意】G.Wで潮干狩りのアサリに貝毒で危険?安全なアサリを見分ける方法とは!

いよいよ、ゴールデンウィークに入りました。

今年の連休は天気に恵まれ、絶好の行楽日和となりそうですね。\(^o^)/

 

ゴールデンウィークの海のレジャーと言えば、「潮干狩り」。

潮干狩りの計画を立てられている方も多いのではないでしょうか?

 

しかし、ここで一つ注意していただきたいのが、「貝毒」の危険性です。

下痢や嘔吐又は麻痺によるしびれ等の症状を引き起こします。

最悪のケースでは死に至ることもあるので十分な注意が必要です。

そんな貝毒について調べてみました。

f:id:aksjdh:20170501210658j:plain

 

スポンサーリンク
 

 

       目次

 貝毒とは

貝毒とは、貝自身が毒を生産するのではなく、フグ毒同様に、有毒なプランクトンを捕食することで貝の中に毒を貯めていきます。

その蓄積された毒が貝毒です。

毒性を持つプランクトンは、海水温が上がり始める4月から5月頃に発生することが多いので、今頃の時期が一番危ないのです。

貝毒には、

があります。

しかし、国内での中毒事例は下痢性貝毒と麻痺性貝毒の2つのみです。

記憶喪失性貝毒って海外では貝を食べて記憶を失う事もあるんですね・・・めっちゃ怖い!

海外旅行に行かれる方は、貝の料理には注意が必要ですね!

 

下痢性貝毒は文字通り、激しい下痢、嘔吐、吐き気を引き起こしますが、致命的ではありません。

一方、麻痺性貝毒ではフグ毒に似ており、口や手足のしびれから全身に麻痺がまわり、呼吸麻痺を引き起こし最悪の場合、死に至ることもあります。

万一、貝を食べてしびれを感じたら、念のために急いで医師の診断を仰ぐ事をおすすめします。

 

また、貝毒は加熱しても毒性が失われることはありません。

 

貝毒って怖いですね。

貝毒を持っていないアサリを見つけるにはどうしたら良いのでしょうか?

 

安全なアサリを見分ける方法

見た目による安全なアサリの見分け方は残念ながらありません。m(_ _;)m

毒を蓄積したアサリは見た目も味も、安全なものと全く違いがありません

 

じゃあ、貝毒から身を守る方法はないのでしょうか?

 

スポンサーリンク
 

 

貝毒から身を守るには

貝毒から身を守るためには、安全なアサリ以外は食べない!

 

さっき見分ける方法がないと言いましたが、良否を見極めるのは人間の目ではなく科学の目なんです。

 

都道府県の水産担当部局では、冬の終わりから海水中のプランクトンや貝の検査を行い、毒の量を検査し安全を確かめている。基準値以上になった場合で、出荷停止措置が執られる。この措置は、貝自身の代謝により貝毒がなくなったことが検査で確認されれば解除される。

引用:ウィキペディア

 ということで、きちんと管理された有料の潮干狩り場であれば、公的機関による貝毒の調査がされているので、安心してアサリが食べられるわけです。

 

なので、潮干狩り場以外で見つけた貝を食べることは、避けたほうが良いです

見た目や味で判断できないからです。

 

まとめ

ゴールデンウィークで潮干狩りへ行かれる方は、管理された有料の潮干狩り場で楽しみましょう。

楽しい休日をお過ごし下さい。\(^o^)/

 

最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。

 

スポンサーリンク