読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GOSSIP’sblog

気になるネタをきままに記事にするブログ

南果歩の決断は離婚?渡辺謙と一般女性との不倫に激怒?

大物ハリウッド俳優の渡辺謙さん(57)と一般女性(36)との不倫が「週刊文春」3月30日発売号でスクープされました。

 

渡辺謙さんと言えば、2003年公開でトム・クルーズ主演の「ラストサムライ」に出演し、アカデミー賞助演男優賞にノミネートされるなど海外からも高い評価を得ました。

また、2005年にはアメリカのピープル誌が企画する「最もセクシーな外国人男性」に選出されたりするなど、アメリカにおいて知名度がある日本人俳優として現在も活躍中です。

 

そんな渡辺謙さんは、1983年に一般女性と結婚しました。

しかし、2005年に離婚されました。

彼女との間に二人の子供を授かりました。その二人が渡辺大さん(32)と東出昌大さんの奥様の杏さん(30)ですね。

この時の離婚理由が奥様の多額の借金という話ですが、渡辺さんの不倫が原因との噂もあります。

 

現在は南果歩さん(53)と再婚されていますが、南さんも再婚なんですね。

南さんの離婚の原因が元夫の不倫が原因だそうです!

という事は・・・

渡辺謙さんとはどうなるのでしょうか?

f:id:aksjdh:20170329202704j:plainf:id:aksjdh:20170329203116j:plain

出典:https://twitter.com/             出典:http://eiga.com/

 

スポンサーリンク
 

 

       目次

渡辺謙さんの不倫報道 

2月18日(現地時間)、ニューヨークのセントラルパークで渡辺は、一般女性のA子さんと“手つなぎデート”を楽しんでいた。さらに2日後には、中華料理店でディナーを共にしていたことが確認されている。この時、渡辺の妻・南果歩(53)はニューヨークを離れ、サンフランシスコに滞在していた。

 本誌の取材によれば、A子さんは現在36歳。2人は2013年8月末、大阪で出会ったという。

「彼女の存在はスタッフの間でもほとんど知られていませんが、2人の関係は3年近くに及んでいます。アメリカだけでなく、大阪や気仙沼など日本国内でも密会を重ねています」(渡辺の事務所関係者

 さらに本誌取材班は10枚以上に及ぶツーショット写真を入手。いずれも渡辺とA子さんの深い関係を物語っている。たとえば渡辺とA子さんが顔を近づけキスをしているような写真や、ドライブデートの写真もある。またソファで寝ている渡辺の姿も撮影されていた。

 本誌の取材にA子さんは幼馴染の友人を通じ、「お答えできません」と語った。渡辺の事務所は「ノーコメント」と回答している。

 

引用:yahoo!ニュース

 この記事に出てくる渡辺さんの事務所関係者って、渡辺さんからしたら身内ですよね。

それも一部の関係者しか知らない情報を文春に売ったんですよね。

よっぽどお金に困っていたのか、それともわたなべさんを相当憎んでいたかのどっちかじゃないでしょうか?

 

スタッフの間でもほとんど知られていない情報ですから、事務所内では誰が喋ったかはすぐにバレちゃうんじゃないですか?

 

ハリウッドスターを敵に回してしまって大丈夫でしょうか、この事務所関係者?

 

ってどうでもいい話でした。m(_ _)m

 

スポンサーリンク
 

 

本題に戻して

NYでの一般女性とのデート写真

f:id:aksjdh:20170329205620j:plain

 出典:http://news.livedoor.com/

この他にも親密な写真があるそうで・・・渡辺さんヤバイですね!

 

 

この報道は南果歩さんの耳に入っているのでしょうか?

南果歩さんと辻仁成さんの離婚について

南果歩さんは1995年に辻仁成さん(57)と結婚し、男の子を一人授かりました。(後に渡辺謙さんが養子にしたそうです

しかし、2000年に離婚してしまいました。

その原因は、辻仁成さんの不倫だそうで、お相手は2013年に三谷幸喜さんと結婚された元女優のyumaさんだそうです。

 

不倫からの離婚?

しかし、実の息子が渡辺謙さんに養子縁組してもらっている恩があるので、簡単には離婚しないんじゃないでしょうか。

 

今後の渡辺謙さんの対応次第ってとこですか。

 

南果歩さんが意味深ツイート

 

そうです、これからです! 本当の人生が始まりますよ。

今回の報道と関連付けるのは深読みでしょうか?

報道より2週間前ですが、例の渡辺さんの事務所関係者辺りから、既に情報が入っていたのでは(?_?)

 

南果歩さんと渡辺謙さんは離婚してしまうのでしょうか?

 

最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。

 

スポンサーリンク