読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GOSSIP’sblog

気になるネタをきままに記事にするブログ

島根女性殺害事件で懸賞金300万円!公的懸賞金ってどんな事件に適用される?

事件

2009年に島根県立大1年だった平岡都さん(当時19歳)が広島県の山中で切断遺体として発見された事件がありました。

その事件解決に結びつく有力情報を提供したとして、公的懸賞金が3人に計300万円支払われる事を16日に警視庁が発表しました。

 

公的懸賞金って何? 

知らない人も多いのでは?

管理人も全く知りませんでした(笑)

今回は公的懸賞金について調べてみました。

f:id:aksjdh:20170316194159j:plain

出典:http://blogs.yahoo.co.jp/

 

スポンサーリンク
 

 

       目次

 事件の概要

事件発生から捜査の過程

2009年11月6日、広島県北広島町東八幡原の臥龍(がりゅう)山中の崖下で、前月の26日夜から行方不明になっていた島根県立大総合政策学部1年生・平岡都さん(当時19歳)に酷似した若い女性の頭部が発見された。第一発見者は山にキノコ狩りに来ていた男性で、頭部が落ち葉の上に置かれていたのを見つけて警察に通報。駆けつけた警察によると、セミロングの髪型が判別でき、首には刃物で切断されたような跡があったという。

 島根・広島の両県警は、殺人・死体損壊遺棄事件として捜査を始めた。

 翌7日、DNA鑑定により、被害者を前述の都さんと断定。また、司法解剖の結果、顔面には殴打された形跡があり、内出血していたことも発表された。

 最初の頭部発見以降、7日に林道入り口近くの雑木林から左大腿骨の一部、8日には頭部発見現場の近くで両手足のない胴体部分、9日には左足首、19日には林道付近に落ちていた動物の排泄物から被害者の爪が発見され、後日、すべて都さんの遺体の一部であることが確認された。

 それぞれ遺体の状況は、通常の感覚を持つ人間ならば直視することすらできない残忍なものだった。都さんはバラバラに解体されただけでなく、きわめて"猟奇的"な手が加えられていたのだという。その一例を上げると、胴体部分の胸は刃物によってえぐり取られ、腹部は内臓の大部分が取り出されていた。あまりの残忍さに、警察の捜査でも「被害者は人間以外の動物に食いちぎられたのではないか」という意見が出たほどである。また、胴体全体に焚き火などにより焼けた跡があり、顔には殴打された痕、左頬には足で踏まれた跡が付いていた。

 日本の犯罪史上でも類例のない、人間の所業とは思えぬ凄惨な猟奇殺人事件である。

引用:NAVER まとめ

 

事件解決に向けて

この7年間で動員した捜査員は延べ31万人。しかし、12年には死体損壊・遺棄罪は時効を迎えた。

「今年に入ってから、警察は、当時現場付近に住んでいた人たちの『性犯罪』の経歴を洗い直しました。そこで、矢野富栄(よしはる)容疑者(当時33歳)が浮上したのです」(前出・社会部記者)

 矢野容疑者は当時、平岡さんの住む島根県浜田市に隣接する同県益田市に住んでいた。出身地の山口県下関市の住宅設備会社に就職し、現場付近でソーラーパネルの営業をしていた。そしらぬ顔で社会生活を送る矢野容疑者には、前科があった。

「福岡県北九州市や東京都杉並区で3件の事件を起こしていました。通りがかりの女性に刃物を突きつけ行為に及ぼうとし、ケガをさせ、懲役3年6ヶ月の実刑判決が下っています」(前出・社会部記者)

 16年夏頃から、下関市内の矢野容疑者の実家に、頻繁に捜査員が訪れるようになる。

 地元住民が話す。

「その家には(矢野容疑者の)弟夫婦が住んでいて、そこから容疑者の遺品が押収されたみたいだ」

 遺品の中にはデジタルカメラUSBメモリーがあった。画像が削除されていたが、警察は画像を復元。そこには、おぞましい犯行状況が映し出されていた。

「遺体の切断に使われたと見られる文化包丁や、頭部切断の前後の状況を写した画像だったのです。首を絞めた痕跡も確認できた。撮影場所は矢野容疑者の借家の浴室。1時間半にわたり、遺体を解体して、くまなく撮影していたようです」(前出・社会部記者)

 写真の状況から、平岡さんは行方不明直後に殺害され、切断されたと見られている。

引用:asagei plus

 

スポンサーリンク
 

 

島根、広島両県警は昨年12月、事件直後に交通事故で死亡した会社員矢野富栄容疑者=同(33)=を殺人などの容疑で書類送検。関係先から押収したデジタルカメラに残っていた平岡さんの遺体などの画像が決め手となった。松江地検は今年1月、容疑者死亡で不起訴処分とし、捜査は終結した。

 引用:yahoo!ニュース

 

何とも残忍な事件で言葉に詰まります。

 

今回の事件では、富栄容疑者を特定するための情報を提供した方々へ懸賞金が渡ったという事になります。

情報提供者の氏名等は提供者保護のために公表しないそうです。なので、だれがどんな情報を提供したのかは分かりません。

 

公的懸賞金に関する注意事項

【資 格 者】
事件解決に結びつく情報を提供した方です。
【支払い方法】
事件解決への寄与が大きいと認めた方に対して、警察庁から上限額の範囲内で、その寄与の度合いに応じて相当と認める金額をお支払いします。対象者が複数ある場合には、それぞれの寄与の度合いに応じて相当と認める金額をお支払いします。


【注意事項 】
情報を提供された方の氏名等は公表しません。(秘密は厳守します。)
匿名であるなどのため、情報提供者が特定できない場合には、お支払いできません。住所、名前、連絡先をお願いします。
捜査結果についてのご連絡は、原則いたしません。


【 期 間 】
平成26年2月26日から平成27年2月25日まで(必着)
※郵送による場合は、応募期間最終日の消印まで有効です。


【実 施 者】
警察庁長官

 

引用:NAVER まとめ

 

 国内において公的懸賞金の支払いは6事件目だそうですが、どんな事件に懸賞金が設定されるのでしょうか?

 

公的懸賞金制度とは

制度の概要

現在捜査中の事件のおいて、警察庁が指定した事件で容疑者の確保に直結する有力な情報を提供した者に支払われる。

 

懸賞金は100~300万円(最高1000万円)応募期間は原則1年

 

制度の対象となる事件

  • 警察庁が指定した特別手配者や重要指名手配者
  • 原則、発生から6ヶ月以上経過した、殺人、強盗、放火、強姦、略取誘拐や被害者の命や身体に重大な損害を及ぼした事件
  • 事件の内容、状況が広告を実施して情報提供を促すことが、有効・適切と認められた事件

 

 □支給の対象外者

  • 犯人及び共犯者(協力者)
  • 匿名または偽名により個人を特定できない者
  • 警察職員及びその親族
  • 情報の提供にあたり、法令に抵触する手段(強盗、脅迫、窃盗など)その他公序良俗に反する手段があった場合

 

□報奨金が支払われた事件

  • リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件、4人に計1000万円支給
  • 栃木小1女児殺害事件、2人に計300万円支給
  • 公証人役場事務長逮捕監禁致死事件(オウム真理教、2人に計800万円支給
  • 地下鉄サリン事件オウム真理教、3人に計800万円支給
  • 三重県中3女子死亡事件、2人に計300万円支給

 

どの事件も記憶に残る残忍な事件でした。

確かに誰もが、懸賞金掛けてでも犯人を捕まえて裁きを受けさせて欲しいと思う事件ですね。

一方で、懸賞金を掛けて探してくれたら犯人見つかったかもって言う事件もあるんでしょう。その辺の線引が難しいでしょうね。

 

また、この制度は平成19年の4月から導入されました

遺族が犯人逮捕に繋がる情報が欲しく、懸賞金を掛けた事が事件解決に結びついた事をきっかけに導入されたのだそうです。

 

最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。

 

スポンサーリンク