読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GOSSIP’sblog

気になるネタをきままに記事にするブログ

桑田一成氏の経歴・プロフィールが変わってる?年収や結婚も調査!

新手のリサイクルショップ運営で話題のエコリングですが、創業者で社長の桑田一成(48)さんの経歴がとてもユニークだそうです。

 

一代で財を成すような方と言うのは往々にして変わり者(いい意味で)と呼ばれる場合が多いですよね。

 

という事で今回は、桑田一成さんのユニークな経歴や年収、結婚そしてエコリングの評判について調べてみました。

f:id:aksjdh:20170222220827j:plain

出典:http://blogos.com/

 

スポンサーリンク
 

 

       目次

 桑田一成さんのプロフィール

 

名前:    くわたかずなり

生年月日:: 1968年12月19日  48歳

出身地:   兵庫県姫路市

最終学歴:  日本大学獣医学部  

職業:    株式会社エコリング 代表取締役社長

 

 

桑田一成さんの経歴

桑田さんは地元姫路の高校を卒業し、医者としての開業を目指し日本大学の農獣医学部へ進学したのだが、桑田さんが2年留年したことで卒業の頃にははバブル崩壊していて超買い手市場の中、安定志向に走るのは当然のことだったと思います。

その為なのか卒業後に選んだのは、医者ではなく郵政省の国家公務員でした。

当時の国家公務員試験というのはかなりの倍率ではなかったでしょうか?

やはり相当頭は良いんでしょうね!

しかし、そんな安定した生活が約束されていた国家官僚を30歳で自ら退職していまいました。

このあたりがユニークなところで、その理由が「郵政民営化が叫ばれていて、将来ぬ不安を感じていた」そうです。

 

確かにあの頃は郵便局って今後どうなるんだろう?と思っていましたね。

 

郵政省退職後は、プログラマーへの転身を模索していましたが、うまくいかずに2年半程でお金が底をつき極貧生活へ転落してしまいました。

生活費を得るために、身の回りの物を当時出初めのネットオークションへ出品してお金を手にしていたそうです。

身の回りに売るものが失くなると、知り合いの質屋から仕入れをして、その商品をネットに出品することで収入になることを体験し、それが今につながる訳です。

 

しかし、その後も極貧生活は続き借金の取り立てに怯える日々の中で、自殺という言葉が頭をよぎりました。

でも死んでしまったら借金取りに迷惑をかけてしまう

と思いとどまり、その後2ヶ月間死に物狂いでプログラムを作り上げました。

そのプログラムを企業に2200万円で売却することが出来まいした。

そして750万円に膨れ上がった借金を完済し手元に750万円が残りったのです。

 

スポンサーリンク
 

 

この750万円を元手に企業を目指すのですが

この時の選択肢が「オークションのビジネス or お茶漬け屋」だったそうです。

 

なぜ??

 

なぜお茶漬け屋なのかというと、現在エコリングの専務取締役の田中伸悟氏は京都の元板前であり、桑田さんと将来について語り合う仲だったのです。その技術を活かしてのお茶漬け屋さんなのです。

 

この時に、別の選択をしていたらどんなお茶漬け屋さんが出来ていたのか、ちょっと見てみたい気もしますね。

 

その後もリーマンショックを乗り越え現在の急成長へと続いていくのです。

 

桑田一成さんの年収と結婚は?

f:id:aksjdh:20170223012647j:plain

出典:http://www.zakzak.co.jp/

株式会社エコリングは2016年3月期で124億円の売上があり、従業員数は390名だそうです。

ここから仕入れ、諸経費、従業員の給料などを差し引いても数億円は残るでしょう。とてもザックリとした計算にはなりますが m(_ _)m

 

結婚については調べてみましたが、全く情報がありません。

なので既婚か未婚かは不明です。

テレビに取り上げられることが多いので、今後情報が入り次第追記していきたいと思います。

 

まとめ

  • 急成長の株式会社エコリングの桑田一成社長は医者を志したが郵政省へ入りその後に起業へと転身
  • 極貧の生活を乗り越え、さまざまなアイデアにより注目されています
  • 今後は地球規模での事業展開を目指しているそうです。益々の活躍に期待します

 

最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。

 

スポンサーリンク