読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GOSSIP’sblog

気になるネタをきままに記事にするブログ

小日向文世 若い頃中村雅俊の付き人時代の画像とエピソードを紹介! 宇宙人に怯える意外な私生活とは【アウトxデラックス】

昨年はNHK大河ドラマ真田丸」で豊臣秀吉を見事に演じ、更に俳優としての知名度をアップさせた小日向文世さん。

 

そんな大物俳優にも下積み時代があり、当時絶大な人気俳優だった中村雅俊さんの付き人をされていたそうです。

 

そんな小日向文世さんの人柄や、付き人時代の画像やエピソードを調査しました。

また、2月9日の「アウトxデラックス」に小日向文世さんが出演されますが、その番組の中で宇宙人について怯えているという話があるそうです。

果たして真相は?

f:id:aksjdh:20170207233733j:plain

出典:http://www.mext.go.jp/

 

 

f:id:aksjdh:20170208004223j:plain

 出典:http://blog.goo.ne.jp/

 

 

スポンサーリンク
 

     目次

 

小日向文世さんのプロフィール 

生年月日: 1954年1月23日 (63歳)

出身地: 北海道

身長: 165cm

職業: 俳優

配偶者: 1993年に結婚

家族: 奥さんと息子さん二人

事務所: ファザーズコーポレーション

 

18歳の専門学校生の時に、スキーで複雑骨折をして骨盤や大腿骨の筋を移植するなど、2年間で8回の手術を受け痛い思いをする。

この大怪我により小日向さんは「大怪我をした自分があまりにもかわいそうになり、これだけ痛い思いをしたのだから後は好きなことをやろう」思ったのだそうです。

面白い考え方をする人ですね。

もしかしたら、役者になるように神様がそう導いたのでしょうか??

 

その後、写真の専門学校へ行った後に22歳で俳優を目指すことを決意しました。

その後、中村雅俊さんの付き人を経て、オンシアター自由劇場へ入団しました。

 

39歳の時に同じ劇団の女優だった11歳年下の女性と結婚されました。

 

人気俳優となったきっかけはご本人曰く木村拓哉主演の「HIRO」にレギュラー出演したことで人気に火がついたそうです。

 

引用:ウィキペディア

 

 

 中村雅俊さんの付き人時代の画像とエピソード

 

付き人時代の画像(左が小日向さん)

f:id:aksjdh:20170208003553j:plain

出典:http://axolotlfc2.blog.fc2.com/

 

 

小日向さんが付き人時代のエピソードについて語る

youtu.be

 

当時の中村雅俊さんの人気も相当すごかったそうなので、私生活でもあんなことやこんなことがあったんでしょうね (*>_<*)ノ

付き人の小日向さんは相当苦労されたことでしょう。

 

 

スポンサーリンク
 

宇宙人に怯える意外な私生活とは

小日向さんは2月9日の「アウトxデラックス」に出演されますが、番組の中でとんでもない妄想を披露しているそうです。

 

小日向文世が初登場。小日向から矢部浩之マツコ・デラックスへ驚きのアウトな発言が飛び出し、2人とも目を白黒させる。小日向は宇宙人の存在を信じているというのだ。いつか宇宙人が自分を奪い去るのではないか、という恐怖を抱えながら生きているという。この番組への出演を機に、実際に宇宙人に遭遇できるか挑戦しようということになり、小日向はスタジオの屋上へ飛び出した。果たして小日向は、この日何かと遭遇できるのか。

 

アウトxデラックス 放送内容詳細

 

 確かに数千億個の星々の中には生命体も居るでしょう。

しかし、今この瞬間に地球周辺に宇宙人というのは無いんじゃないかと思いますが....。

人類が常に監視しているところを、アインシュタイン理論を無視したスピードで地球に接近するというのはありえないと思いますが。

 

人類の知識を遥かに超えた生命体が、想像もつかない方法で地球へ侵入?

あったら怖いですね。

小日向さんは、番組でどんな話をするのかとても興味がありますね。

 

 

まとめ

  • 小日向文世さんは人気の大物俳優ですが、若かりし頃は中村雅俊さんの付き人をしていた。
  • 俳優を目指すきっかけだったり、宇宙人に連れ去られる妄想をするなど個性的な思考回路の持ち主なんですね。
  • 小日向さんの役者としての顔について、個人的にはアウトレイジの悪徳警官や西島秀俊香川照之主演のダブルフェイスのヤクザの親分役がお気に入りです。
  • 小日向さんが宇宙人に連れて行かれないことをお祈りします(笑)

 

最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。

 

スポンサーリンク